よくある質問

質問 マンションの価格はもっと安くなるのでは?
回答 今こそマンション経営に乗り出すチャンスです。
新築マンションの販売価格の基準となるのは地価と建築費。マンション用地とそれ以外の土地の2極化が進む地価動向。建築費の上昇が予想される今こそ、マンション経営を始めるチャンスです。
建築費は1年前と比べ10%以上、なかには20%超もアップしているものもあります。建築費高騰の主因は、ゼネコンが収支を度外視した受注中心の経営から、適正な利益を確実に得る方法に転換したためと言われています。かつては公共事業で利益を確保し、民間のマンション建築費はゼロあるいは現場経費を賄うだけで良しとする風潮さえありました。しかし無理なダンピング競争で受注したツケが体力をすり減らす一方、公共事業も縮減。マンションにシフトせざるを得ない経営環境になってきたからです。
質問 マンションに寿命は?
回答 定期的な補修で90年以上も…。
雨や風、外気に含まれる排気ガスなどによるコンクリート表面の中性化が鉄筋や鉄骨に及び錆が生じることで建物の強度は失われていきます。
一般的にコンクリートが中性化する速度は30年間に1cm。建築基準法では、昭和55年以降、コンクリートの厚さは3cm以上と規定されていますから、理論的には30×3で90年保つことになります。グランバンクでは、定期的な補修の実行やタイル張りなどのサイディングを使用することで大切な資産を守る体制を用意しています。
質問 空室率の低い物件の条件とは?
回答 人気沿線の物件が第一条件です。
コンパクトマンションの借り手は圧倒的に若年層が多く、学生やOL・社会人はその主流を占めています。従って、マンションを購入するに当たってもユーザーとなる彼らのニーズに合わせた立地条件を満たしていることが肝心です。
質問 長期空室になった場合の解決法は?
回答 長期不安はありません。
個人用の賃貸マンションの場合、事業用の貸しビルなどとは異なり、立地に見合った家賃設定がなされていれば空き室の心配はさほどありません。さらにコンパクトマンションのメインユーザーである学生の場合、居住サイクルは最長4年となりますから、物価上昇分に即した家賃設定が可能です。また、管理会社による借り上げシステムにより、安定した家賃収入を得ることもできます。
質問 将来転売することは可能でしょうか?
回答 十分に可能です。
コンパクトマンションの特徴として一戸建てファミリー向けマンションに比べ、投資的市場が整っていることがあげられます。グランバンクは、情報ネットワークを駆使して、最良の条件での転売をサポートするシステムを用意しています。また、立地・管理体制など好条件を満たした物件であれば、新規供給の少ない現在、より有利な価格設定での転売が可能という点も大きな魅力です。

  • 集金代行システム
  • 家賃保証システム
  • 用地募集

グランバンクは京都パープルサンガの公式スポンサーです。

チャレンジ25キャンペーン